使用する理由

化粧水

浸透力を高めてくれる

実は化粧水には複数の種類があります。保湿を目的とする一般化粧水以外にも、美白化粧水やアルカリ性化粧水などです。その中でも導入水と呼ばれているのがプレ化粧水であり、他には無い複数の特徴があります。プレ化粧水は、まず他の化粧水の通り道を作る役割を担っているのが特徴です。これが導入水と呼ばれる所以で、一般化粧水などをより肌に浸透しやすくするように誘導をしてくれます。このため他の化粧水よりも前に使用する必要があります。使用タイミングは、洗顔直後の肌にまだ何も塗られていないまっさらな状態がベストです。プレ化粧水を最初に使用した後に、一般化粧水などを塗布し、その後にクリームや乳液とメイクアップを行うことで、メイク全体の効果を高めてくれます。

アルコール成分の働き

どのプレ化粧水にも使われている成分がアルコールです。プレ化粧水を利用する前に、アルコールが果たす役割について知っておくと、より上手なメイクができます。プレ化粧水のアルコールは、変性アルコールやエタノールが使われています。その役割は親水性を高める働きがあります。またアルコールには、よく知られているように蒸発するときに水分を奪う働きがあります。つまり一時的に乾燥状態を肌にしています。乾燥状態に肌をしてしまうことは一見マイナスのように見えますが、その後プレ化粧水の成分が乾燥した肌に到達すると、乾いた地面はすぐに水が吸収されるのと同じく、プレ化粧水の成分がすぐに浸透する訳です。つまりプレ化粧水の浸透力はアルコールのおかげなのです。